メイクブラシの種類とおすすめ|ナチュラルメイクを作るブラシ!

一覧に戻る

メイクブラシのおすすめ・種類

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-13-15-32-16

あなたはメイクをする時に『メイクブラシ』は使っていますか?

付属のスポンジやチップで済ませている方には、是非参考にしていただきたい『メイクブラシのススメ!』

 

 %e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7%e4%b8%80%e5%bc%8f

メイクブラシは、化粧筆、化粧ブラシなどとも呼ばれますね。

ファンデーションや、チーク、アイシャドーなど…粉タイプに限らず、リキッドタイプのものもブラシを使って塗る場合もあります。

付属のスポンジやチップを使うと、どうしてもぺたーっと色がついて、厚塗りになってしまったり、色のムラが出てきてしまった!というお声も…

ファンデーション、チーク、アイシャドー、眉など…メイクのほぼ全てがブラシで仕上げることが出来ちゃいますよ。

 

そこで!

各パーツごとに使用するメイクブラシの種類、おすすめについて学びましょう♪

 メイクブラシの使い方・使い分けについてはこちら!

【フェイスブラシ】

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%af

その名の通り、お顔に使うブラシですが、フェイスパウダー、チークをのせるときに使う大きなブラシです。大きさも様々で、メーカーによって名称も変わり、種類もたくさんあります。

粉をよく含む、お顔のカーブに添うように斜めにカットされているタイプが、メイク初心者の方にも使いやすいかもしれません。粉が均一に広がり、輪郭を自然にぼかして、ふんわりと仕上げます。

 

【ファンデーションブラシ】

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7

ファンデーションブラシは、粉・リキッドタイプのそれぞれどちらにも適したブラシが多くあります。パウダリー、リキッド、クリームなどあらゆるファンデーションに使用できる万能タイプのファンデーションブラシもありますね。スポンジでファンデーションでつけるよりも、隅々までキレイに塗ることができ、薄付きで比較的簡単に均一にお肌を作ることが出来るというのが特徴。ツヤ感もアップ。特に、頬や鼻筋などは透明感+立体感も出てイイこと尽くし!お化粧直しの手間が減ったというご意見も…

 

【アイシャドーブラシ】

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%89%e3%83%bc%e7%b4%ab

アイシャドーを購入すると、小さな筆やチップがよくついてきますが、思ったより濃く色が出てしまったり、色のムラが出て困った経験もあるのではないでしょうか。

そこで、ブラシの登場ですが、サイズも2種類ほど併用されるとワンランク上の目元が簡単に演出できますよ。

2種類のアイシャドーブラシは、目のキワに色を入れるための小さいブラシと、アイホール全体に色をのせるための大きめのブラシ。そして、ポイントは、先が広がっていない毛のコシがしっかりあるもの。あんまりふわふわしたブラシだと、的確に色が入らず、ぼや~っとした目元に…

 

【アイブローブラシ】

%e7%9c%89%e6%8f%8f%e3%81%8f

アイブローブラシとは、アイブロー(眉)パウダーをのせるときに使います。

大きな特徴としては、切断面が斜めになっています。

アイブローペンシルや、眉を描くための鉛筆などで仕上げてしまうよりも、アイブローブラシを使ってパウダーをのせたほうが、より立体的な眉になります。

アイシャドウブラシは、形状や塗り方を変えるだけで、色の出方をふんわりにもくっきりにも自由自在に変えることができ、太めのブラシでふわっとのせれば淡い色の眉に、また細く密度の濃い筆になればなるほど、くっきりはっきりした眉を描くことが出来ますね。

 

【リップブラシ】

%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7

多種にわたるメイクブラシの中では、お持ちになられている方も多いのでは?口紅を塗るためのブラシです。口紅の含みの良いブラシがおすすめです。携帯用のコンパクトなものが一つあると便利ですね。

リップブラシを使うと、唇の輪郭をはっきり描くことができてお顔全体が引き締まって見えます!

相手に与える印象もきちんとしますので、好感度アップ!

メイクブラシの使い方、使いわけはこちら

【日頃のお手入れ】

いずれのブラシも、直射日光に当てないように、毛先に癖がつかないようにブラシケースなどに収納するのがおすすめ。使うたびに洗う必要もありません!毎回広げたティッシュペーパーの上でブラシについたパウダーをしっかり落としていただければOK!

メイクブラシを洗う場合の洗い方は…というと、専用のクリーナーや薬剤を使われるのが、一番よく落ちますが、石鹸や洗顔フォームなどをぬるま湯に溶かし、汚れをもみだすように…。石鹸や薬剤がメイクブラシに残ると傷む原因ともなりますので、しっかり洗い流し、乾かす際も先端へ向かって水分を取り、毛の流れを整えて陰干ししてください。

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%b4%97%e3%81%86

道具を変えるだけで、格段にメイクの仕上がりが違った!という事もよくあります。

素材やメーカーによっても肌触り、使いやすさ、お値段も変わるので、ご自身のメイク方法にあうメイクブラシでメイクを楽しんでくださいね。

 

アラフォー・アラフィフと呼ばれる40代50代、またお肌が変わってきた…と悩む30代にも!驚異の若返りメイクでテレビや雑誌に取り上げられる吉村薫子先生の1万人を美人に変えた!魔法の若返りメイクレッスンでは、メイクブラシの選び方も細かく丁寧にレッスン♪

今回、多種多様なメイクブラシをご紹介しましたが、毎日のあなたのメイクにすべてが必要か?!と言ったら、そうでない場合も…。100人いれば100通り!あなたに合ったメイクの仕方、必要なメイクブラシをお教えしています。

 

『上品で清潔感のある大人のナチュラルメイク』を得意とする私どもの教室では、アイメイク、チーク、リップの塗り方も一からそれぞれのお顔に合わせてご指導いたします。

n%e6%a2%85%e7%94%b02n%e6%a2%85%e7%94%b02-1

月に一度、全6回の半年間のレッスンで、あなたもこんな風に見違えるほど美しく若々しくなられることをお約束します。 

 

40代から輝くメイクレッスンはこちら

一覧に戻る