メイク初心者にオススメ!アイライナーの選び方

充実のカリキュラム・役立つメイク術

  1. HOME
  2. 充実のカリキュラム・役立つメイク術
  3. 詳細

一覧に戻る

メイク初心者にオススメ!アイライナーの選び方

yjimagezzj8bcjz

メイク初心者にオススメ!アイライナーの選び方

メイクの中でも「目」は重要ポイント!アイラインを入れることで目力を出す、目を大きく見せる効果があり印象を変えることができます。 

しかし、アイライナーを綺麗に引くことは難しいと思っていませんか?

特にメイク初心者の方には、ガタガタになったり、太く描き過ぎたりと失敗した経験をお持ちの方も多いはず…。自然な感じのナチュラルメイクに見せたい。

まずは初心者向けのアイライナーを紹介します。

【ペンシルタイプ】

アイメイクが苦手で初心者の方には、「ペンシルタイプ」がオススメです。

ペンシルタイプにも繰り出しタイプと鉛筆タイプの2種類があります。

繰り出しタイプ…

59968028f0a661301914049448485304

芯が固いがアイラインがにじみにくく落ちにくいというメリットがあります。芯が固いので描きにくい点はありますが芯を削ることがめんどうな方にはいつも一定の長さでラインを引くことができます。

鉛筆タイプ…

images29horn1g

芯は自分で削らなければいけませんが、柔らかい芯で描きやすくラインの細さを調整できます。にじみやすく崩れやすいという点はありますが、アイシャドーブラシでぼかすことができて目元の形を修正することができます。アイラインを目立たせたくない方やナチュラルなラインを引きたい方にはペンシルタイプがおすすめです。

メイクブラシの使い方、使い分けブログ紹介

【リキッドタイプ】

images

液体のアイライナーでシャープなラインを引いたり目尻からはみ出す線を強調したいときにおすすめです。

慣れないうちは上手に描くことができないかもしれませんが、にじみにくくヨレないメリットがあります。1度引くとぼかすことは出来ず、跳ね上がりを強調しすぎるときつい印象になる為、加減が必要です。 

次に、アイライナーを上手に引くためのポイントや引き方についてのご紹介。

【ナチュラルメイクにはおすすめ!ペンシルアイライナーの引き方・ポイント】

一番ナチュラルに仕上がるのはペンシルタイプのアイライナーです。「まつ毛の隙間を埋めるように描いていきましょう」と雑誌やインターネットなどで書かれていますが、下瞼が真っ黒になった経験はありませんか?アイライナーを引く位置は「まつ毛の生え際のすぐ上をひく」ことで下瞼にアイライナーがついて「パンダ目」なってしまう失敗を防げます。

また、目と眉毛の間の皮膚を軽く引っ張るようにして目のしわを平らにし、顎を少し上げながら鏡を見下ろすようにすると描きやすくなります。

引く位置も目の大きさや顔のバランス、なりたいイメージで形は変わってきます。ラインも一気にひくのではなく、目を開けて鏡で確認しながら左右小刻みにライナーを動かし少しずつラインの長さや太さを足していきましょう。初心者でもナチュラルで綺麗な仕上がりになります。 

【アイメイクの前には目元はさらっとした状態に!】

アイメイクの前には、目元はパウダーのついたスポンジでポンポン!と抑えさらっとした状態にしておくことがポイントです。目の際にファンデーションの塗り残しがあるとアイライナーを描いた後ににじんでしまう原因にもなります。目元は常にサラサラであるようにしてください。

40代からの若返りメイクでテレビや雑誌に取り上げられている吉村薫子の1万人を美人に変えた!魔法の若返りメイクレッスンでは、あなたの目のタイプやなりたいイメージに沿って一人一人に丁寧にご指導いたします。垂れてしまった目尻もアイメイクで引き上げて、若々しく目力もアップさせてしまいます。アイライナーを上手に使って目元の印象を変えてみませんか?

「上品で清潔感のある大人のナチュラルメイク」を得意とする私どもの教室では、アイメイク、眉メイク、チーク、リップの塗り方も1からそれぞれのお顔に合わせてご指導いたします。 

月に1度、全6回のメイクレッスンで、見違えるほど美しく「あなたが輝くメイク」をお教えいたします。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-07-27-6-31-04%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-07-27-6-32-08

一覧に戻る